沿革|杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部 同窓会

杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部 同窓会 すぎの会

沿革

昭和27(1953)年 短期大学被服科第1回卒業生により同窓会活動を開始する。
昭和37(1962)年 短期大学創立10周年に会誌「すぎ」第1号を刊行。卒業制作の掲載などに重点をおいて編集する。
昭和39(1964)年 杉野学園女子短期大学生活芸術科卒業生が加わる。
昭和39(1964)年 大学が開学しその名称を杉野女子大学としたことに伴い杉野女子大学短期大学部同窓会とする。
昭和43(1968)年 杉野女子大学家政学部被服学科の第1回生卒業を機に大学の卒業生も短期大学部同窓会と合同して、同窓会活動を進めることとする。
昭和49(1974)年 年刊の会報ジャーナル「すぎ」No.1を刊行し、会員全員に配布することとする。
平成3(1991)年 会誌「すぎ」の刊行を39号をもって廃刊とする。会誌「すぎ」は会費の中から卒業後5年間送付し、それ以後は購読希望者に有料で購読して頂くこととしていたため、同窓会に情報が広く届きにくいところから、昭和49(1974)年より刊行の会報ジャーナル「すぎ」一つにしぼって刊行し、平成27(2015)年で第42号を数える。
平成15(2003)年 杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部
同窓会と改称する。
平成21(2009)年 杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部
同窓会「すぎの会」と称する。

PageTop