杉野芳子モードの作品|杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部 同窓会

杉野服飾大学・杉野服飾大学短期大学部 同窓会 すぎの会

杉野芳子モードの作品

 杉野記念館の常設展「モードの作品展」は、毎年開催していた杉野芳子新作発表会に、学生指導と技術向上を目的としてニューデザインを発表したも
のです。
 作品はその時々のトレンドを取り入れながら、新しいテクニックを駆使し、機能的な服装設計や色の組み合わ
せなどさまざまな研究が重ねられてきました。美意識・ファッション性・そして技術も確かなものであり、その丁寧な仕立てはオートクチュールの匹敵します。
 千点(作品の保存を始めた1954年(昭和29年)〜1978年(昭和53年)に及ぶ杉野芳子の作品の数々は、貴重な遺産として現在も学園の研究の参考資料となっております。
 杉野芳子の逝去後もその意志が受け継がれて、作品発表会や講習会と研究・発表を続け、今日に至っております。
 学園には多くの作品が保管されていますが、時期を選んで作品を入れ替えながら展示しております。
 
 特別展としては、2006年(平成18年)10月28日〜11月18日パリオートクチュールの”Anne-Valerie Hash作品展”
 2013年(平成25年)7月24日〜平成26年3月31日”杉野芳子ワードローブ展”を開催しました。

作品

作品

PageTop